2004年10月23日

「セルライト」の解説と「セルライト」の対策方法について

●「セルライト」って結局何なの?

あるある大事典で紹介されたことによって一気にその名が広まった感はある「セルライト」ですが、まだまだ日本では「セルライト」の認知度は低いようです。

ここではあるある大事典で紹介された内容を中心に、「セルライト」について簡単にまとめてみたいと思います。

セルライト」とは一言で言って「脂肪の塊」です。

セルライト」という言葉については、このような紹介をされていました。
セルライト【Cellule】+【ite】
⇒「セルライト」は1970年代の初めに作られた造語です。
フランス語で細胞を表す「セルリ」に「鉱物」を表す接尾語がついたもので当時はまだ、そのメカニズムもわからず主に美容面から注目されていました。。
医学的には80年代になってようやく研究が始まった。まさに最新分野なのです。

女性のほとんどの方が気にしていると言っていい、脚の太さ。太ももなどに良く見られるボコボコの状態がありますね。このボコボコの脂肪こそが、とれづらいと言われる脂肪の塊、「セルライト」なのです。

●「セルライト」先進国イタリア

あるある大事典では、今最も「セルライト研究」が進んでいると言われる国、イタリアでの取材を行います。イタリア人女性の認知度はほぼ100%という統計が紹介されました。

イタリアに限らず欧米人女性にとって、肥満と並ぶ大敵とされているのが「セルライト」なのです。
しかし、忌み嫌われる原因は、見た目がボコボコに見えて、肌を汚く見せるということだけではありません。

セルライト」は、セルライト化している部分だけではなく、正常な脂肪をも巻き込んで痩せづらい下半身を作る働きをしてしまうのです。
これこそが、「セルライト」の真の恐ろしさだったのです。

●「セルライト」対策

セルライト」の対策としてイタリアで行われているのが温冷浴でした。
あるある大事典で検証されていたのは、熱いお風呂に入った後、冷たいシャワーを浴びるという行為を繰り返し行う実験でした。
すると、入浴後の体表温度が下がりづらいことが判明します。
温と冷を交互に体感することによって、自立神経の働きを高め、冷え症による血流低下を改善します。そうすることによって、脂肪細胞が浮遊するのを防いでいたのです。

更に、マッサージを温冷療法と組み合わせて行うことが効果的だということも判明しました。

セルライト」対策の基本とは、冷え性、むくみ、といった多くの女性が抱える問題を改善することだったのです。

セルライト治療先進国イタリアでは振動や吸引によって「セルライト」のコラーゲンを脂肪細胞から剥がすためにマシン等も一般的に使われているようです。
人の手では与えにくい強力な刺激を与えることで、脂肪細胞にまとわりついたコラーゲンをほぐすのです。

そうして、「セルライト」を破壊して残骸を流す。そうすることで初めて通常のダイエットは効果的になるのです。

●「セルライト」に効果的な食材

セルライト用のサプリメントに共通して含まれるのが、血行を促進するメリロートという成分です。この成分が抽出される植物は、食用には不向きです。
しかし、これに近い働きを持つ食材が日本でも手に入ります。

それが「アシタバ」なのです。「アシタバ」に含まれるカルコンという成分が、冷え性とむくみが引き起こす「セルライト」解消に効果的な可能性があることがわかりました。

「アシタバ」や、メリロートを含むサプリメント等を摂取し、温冷療法とマッサージを組み合わせることが「セルライト」対策の基本と言えるでしょう。
posted by あるある at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あるある大事典的情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/870510

この記事へのトラックバック
琉球黒酢 カプセル編 by 光速掲示板 (03/07)
琉球黒酢 カプセル編 by Love Search (02/16)
琉球黒酢 カプセル編 by 世界プルルン滞在記 (02/15)
琉球黒酢 カプセル編 by 童貞 (01/06)
琉球黒酢 カプセル編 by 童貞 (11/24)
最近のトラックバック
琉球黒酢 カプセル編 by いいぱんこ(06/06)
琉球黒酢 カプセル編 by ガリクソン(05/16)
琉球黒酢 カプセル編 by 啓次(05/03)
琉球黒酢 カプセル編 by JK(02/28)
琉球黒酢 カプセル編 by ネ申(02/21)
人気商品

相互リンク

当サイトはリンクフリーです。 また、相互リンクをご希望の方はこちらにコメントを残してください。

RDF Site Summary
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。